event ローカーキャンペーン
special ローカースペシャルサイト
電子カタログ
ウエハース
クッキー
ケーキ
キャンディ
スナック
チョコレート
ゼリー
ミューズリー
フード
おすすめレシピ
お客様の声
お菓子特派員
KITANO公式Facebook
商品情報
受賞の足跡

妥協のないローカーの姿勢に、惜しみない称賛の数々。 たゆまぬ努力とさらなる上質を目指し続けるローカー。その真摯な製品づくりに、これまで様々な賞が贈られてきました。なかでも2003年、ヨーロッパ菓子業界が主催するCandy Kettle Awardより、品質、技術開発、マーケティング、国際協力などが総合的に評価され、栄誉ある製菓業界のオスカーを受賞。これを皮切りに、2007年には、ローカー社の最高経営責任者アーミン・ローカー氏とクリスティーネ・ズエネリ・ローカー氏が、国際的な製菓業界Sweets Global Networkから業界をリードする実績が認められ、権威のあるSG Golden Watch賞を受賞。2011年には、お手本となる一貫したブランドマネージメントと世界的な成功をもたらした販売組織として、地元企業を表彰する「Export Award Alto Adige 2011」に選ばれるなど、栄えある輝きを重ねてきました。ゆるぎないローカーの信念が数々の受賞に実を結んでいます。

『フレーバー・オブ・ザ・イヤー』
ローカーの本物のおいしさが、
消費者の五感で評価され3年連続受賞の快挙!
この賞は、消費者による厳正なブラインドテストを繰り返し、消費者の五感で選ばれた本物のおいしさを讃えるイタリアのアワード。ローカーは2012年ウエハース、2013年チョコレートスナックバー、2014年ウエハースの各部門で「フレーバー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。最高のクオリティーを誇るローカーブランドとして、輝かしい栄誉となりました。
90年余りの歳月を、最上級の天然素材にこだわってお菓子作りを続けてきたローカーの真摯な姿勢が、消費者の味覚に本物のおいしさとして響いた受賞でした。

イタリア東北地区で
「働く人にとって最も魅力ある企業」に
ローカーが2年連続で1位に!
ランスタッドアワードは、各国の大手企業を対象に「勤務先として魅力度の高い企業」を選び表彰する試みです。第三者機関が世界共通基準に基づいて社会人・学生を対象に毎年、大規模なWebアンケート調査を行います。それによりローカーはイタリア東北地区で2015年に続いて、2016年も、最も魅力ある企業に選ばれました。
1999年から伝統のあるこのランスタッドアワードのエンプロイヤーブランド・リサーチは、次の10の項[ワークライフバランス、キャリアアップ機会、優れた経営者層、興味深い仕事、快適な職場環境、教育の充実、CSR、給与水準・福利厚生、安定した雇用機会、健全な財務体質]について行われます。これらをすべて高い水準で満たすローカーは、イタリア東北地区で社会人や学生たちに最も人気の高い企業であることを表しています。
それは、グローバル・ブランドとしての高い評価と実績を確立したことのみならず、チロルの豊かな自然環境との共生、技術開発や職場環境の整備まで絶え間なく今以上をめざすローカーの企業姿勢が、幅広い世代に支持されていることの証と言えるでしょう。

エキゾチックなホワイトチョコレート
「パスティッチェリーア ホワイト ココナッツ」が『スウィーティー賞2016』を受賞!
ドイツの食品小売マガジン『Rundschau』誌が主催する『スウィーティー賞』は、その年に発売されたお菓子やスナックから、部門ごとに審査員が厳しい基準に沿って評価し、1位の賞賛に値する商品を選んで贈られます。
受賞に輝いた「グラン パスティッチェリーア」シリーズの「ホワイト ココナッツ」は、審査員から「サクッと軽いウエハースとエキゾチックで新鮮なココナッツ。夏場だけではない高い人気が、おいしさを物語っています。」という言葉が贈られました。
またひとつ、ローカーの商品開発力と上質なおいしさへの情熱が高い評価を受けました。

2016年に新発売の「ココア&ミルク」が『プロダクト・オブ・ザ・イヤー2017』を受賞! 『プロダクト・オブ・ザ・イヤー』賞は、衣食住の幅広いジャンルにわたり、イタリアで開発された最も革新的なその年の製品50点を消費者だけの投票で選び、決定されます。2017年のこの賞に、ローカーの「ココア&ミルク」がビスケットカテゴリーで1位に選ばれました。12,000人の消費者の嗜好に基づくこの賞は、過去10年の間にイタリアで販売されている製品のベンチマークとなっています。ローカーの「ココア&ミルク」は、上質な天然素材を用いたココアウエハースとミルククリームという独創的な組み合わせで、新発売後またたく間に消費者の味覚をとりこにして、ピア・ツー・ピア時代の商品開発に新しい方向性を示しました。


戻る