event ローカーキャンペーン
special ローカースペシャルサイト
電子カタログ
ウエハース
クッキー
キャンディ
ケーキ
スナック
チョコレート
ゼリー
ミューズリー
フード
イタリアを訪ねて
おすすめレシピ
お客様の声
お菓子特派員
KITANO公式Facebook
トップページ > イタリアを訪ねて
イタリアを訪ねて
ローカー本社の目の前に広がるドロミーティの名山の一つ、シリアール山のパノラマ。自然の偉大さに圧倒されます。
ワイン畑の上をロープウェイでレノン高原へ。チロル地方特有の山々と清らかでのどかな風景が広がります。

フィレンツェから、高速鉄道フレッチャアルジェントで北に向かって3時間半。車窓から5月のワイン畑の青々とした風景の向こうに、東アルプスの峰々が見え始め、列車は山岳の保養地、ボルツァーノに到着しました。駅を出ると、そこは彫像のあるヴァルター広場。広場を囲む建物がカラフルで可愛い。空気が澄んでおいしい。それに街のたたずまいが静かで整然としていて、それまでに訪ねたイタリアの都市とはまた違うタイプの魅力が感じられます。ボルツァーノは1918年までオーストリア領で、今も牧歌的な南チロルの地方色が濃く残る町。人々の言葉も、イタリア語とドイツ語の2ヶ国語が公用語なのだそうです。町は世界自然遺産のドロミーティの山岳や渓谷に囲まれ、雄大そのものの眺めが楽しめます。歴史的な遺産も多く、とりわけ郊外の岩の上にそびえるロンコロ城は、中世の趣を伝える室内外のフレスコ画で訪れる人々を魅了してやみません。このボルツァーノからロープウェイで上がったレノン高原にローカーの本社と工場があります。正面にそびえるシリアール山の凛々しさは圧巻。明るい光がふり注ぎ、空気も水も新鮮な場所だからおいしいウエハースができるのだと実感しました。

ヴァルター広場に面してドゥオーモの向かいにあるローカー直営のカフェ。イタリアチャンピオンのバリスタがいれたコーヒーは格別!
ぶどう畑の中に200年も経つ農家の佇まいを活かしたお店でいただくチロル郷土料理。なかでもパン、小麦粉、牛乳などで作るクネーデル(チロル風の団子)がおすすめ。
明るいオレンジ色の屋根の街並みは、まさに花の都!
トスカーナの豊かな大地を流れるアルノ川。市内に架かるヴェッキオ橋の夜景にうっとり。

日本からローマで乗り継ぎ約14時間のフライトで、豊かな田園地帯が広がるトスカーナ地方の花の都・フィレンツェ空港に到着。空港から市街地へはシャトルバスで約20分の近さです。フィレンツェの街を世界中でどこにもない特別な風景にしているのは、「花の大聖堂」ドゥオモの大きな丸屋根をはじめ、すべての建造物の屋根がオレンジ色をしていることでしょう。街のいたるところにルネッサンス芸術が香る建物や美術館、彫刻などがあり、地図を片手にくねくねした小道を歩き回っても、迷子になる心配なし。ドゥオモの屋根を目印に、自分の位置が分かるからです。さほど大きくない街なのに1日があっという間に過ぎていきます。街並みの上に夕もやがたなびき、教会の鐘が鳴りわたる頃になると、街は美食の都に変身。エレガントなレストランから気軽なトラットリアまで、おいしそうな匂いに包まれます。ワインとお料理を堪能したら、デザートはもちろんフィレンツェの郷土菓子・カントチーニを甘い食後酒のヴィンサントに浸して食べるお楽しみ。日本に帰ったら、こんなフィレンツェスタイルでおもてなししてみよう。旅がいい時間を運んでくれそうです。

カッポーニ宮殿内にあるフィレンツェ随一と評判のデリカテッセン&レストラン。食通をうならせるハムやチーズ、オリーブオイル、ワインなどこだわりの食材とその料理に出会うなら、ここ!
アルノ川左岸のベッキオ橋に近いデミドフ宮にある3つ星ホテル。クラシカルで風雅なインテリア、温かなサービス、夏の間は花と緑あふれるテラスで、アルノ川を眼下に見ながら優雅な朝食を。とっておきのフィレンツェが楽しめます。